新JISに基づく内部雷保護システムの設計・施工実務

社団法人 日本電設工業協会編
2005-1刊)  A4判 95頁  本体価格:2100円(消費税/送料別)

 建築設備の高度情報化が進展した現在、建築物の外部における雷対策はもとより、電子機器や情報機器を雷から保護するために内部における雷対策が必要となってきています。2003年7月のJIS A4201の改定で、新たに「内部雷保護システム」が付け加えられました。
 本書では、内部雷保護の必要性を解説し,内部雷保護システムの構築にあたって、新しいJIS A4201を設計・施工・維持管理などの実務にどのように適用していくべきかの方向性を示しています。新しい規格に基づいた雷保護システムをより深く理解するために『新JISに基づく外部雷保護システムの設計・施工実務』を併読されることをおすすめします。

注文

注 文 は こ ち ら か ら  >>

内容目次

1. 内部雷保護
2. 等電位化のためのボンディング
3. 性能保護と安全性
4. 内部雷保護システム設計例
5. 施工図例
6. 内部雷保護システムの施工要領
7. 竣工検査
8. 保守・点検
9. 雷による事故事例

図書案内

sitemap english ECEMF