電設技術者のためのコージェネレーションの実務

社団法人 日本電設工業協会著
2001-10刊)  B5判 154頁  本体価格:2700円(消費税/送料別)

 消防法では、建物の用途や規模に応じて誘導灯および誘導標識の設置が義務づけられており、設置基準や構造・性能等が法令、規則等で詳細に定められている。本協会は、これら関連法規の趣旨が正しく理解され、実際の業務円滑に進められるよう、体系的に解説した手引書「誘導灯及び誘導標識に関する指針」を昭和59年と平成4年の2回にわたって発行してきた。
 平成11年3月に、規制緩和、自主責任の流れにそって消防法施行規則が改正され、誘導灯関連事項が従来より大きく変化したこと、また、前回の改訂からすでに8年経過し、その間に誘電灯・誘導標識の機能や施設範囲、方法等について種々の技術的進歩があったことなどから、これらに対応するため旧書の改訂作業を行ない、このほど2001年版として発行する運びとなったものである。
 本書は、建築電気設備、防災設備の計画・設計・施工・維持管理等の業務に携わる方々に好個の参考書としてお薦めしたい。

注文

注 文 は こ ち ら か ら  >>

図書案内

sitemap english ECEMF