本文へ移動

2018年9月号

特集:電気設備の保護と試験
  • 2018-9月号
    • 2018-9月号

2018年9号

特集:電気設備の保護と試験

商品番号:2018年9月号 No.790
本体価格1,286円(税別)
特集にあたって

 近年の高圧受電設備は、より信頼性を求められている事から、波及事故を今以上に減少させる事が必須である。事故を少なくするためには,電力会社配電系統と保護協調のとれた電気設備で                                     あることが必須条件であり,各々の機器が適切な保護装置を有することも大切である。
 本特集では受変電設備の保護を検討するにあたって、電気設備の事故や異常現象から保護するシステムを解説し、機器の原理を理解して頂く資料として活用されたい。
 各種検査については概要と計画を解説し、各種検査の試験について、各種試験の目的・やり方・ 方法・検査記録等を、使用する試験・検査計器類の特徴・使用方法を含めて紹介、解説する。なお、試験記録の帳票については当協会発行の「電気設備の自主検査と現場試験」より抜粋し、掲載する。

特集目次

特集に当たって

  本誌編集専門委員 今村 直大,五十嵐 薫,渡邉 潤
1章 電気設備における保護の機能と役割
 1-1 配電系統トラブルからの需要家への影響
   ㈱日建設計 川合 満男
 1-2 過電流保護継電器の整定検討例について
   東京電力パワーグリッド㈱ 高橋 裕二,為貝 芳弘
 1-3 受電設備の保護方式
   三菱電機㈱ 栢森 渉,田平 雅己

2章 電気設備の試験
 2-1 保護継電器試験
   桐山電気管理事務所 桐山 茂
 2-2 検査記録表
   本誌編集専門委員 今村 直大
 2-3 各種試験器の動向
   ㈱ムサシインテック 入江 桂一
連  載
寸暇寸言
   第423回 いまさらながら体幹
    本誌編集専門委員 H.I.
私はこうして資格を取った その18
   ―忙しくても資格は取れます―
    三機工業㈱ 村山 和正

随  筆
電設見聞録 第196回 回想
    森山技術士事務所 森山  茂

表紙:桐山電気管理事務所提供
TOPへ戻る