かしこい選択のために

分離発注方式を選択するメリット ~ おすすめします ~

分離発注方式のメリットは、


設備の予算が確定できることです。これにより設備のために組まれた予算を100%活用することができます。
このため、お客様のご要望に応える設備を提供できます。


一括発注方式の場合、


建築コストの増加が発生した際に、設備の予算を利用して対応することが多くなります。
これでは、設備内容がお客様の望んでいたものと違ったものになってしまいます。


●2つの発注方式の比較 分離発注方式 一括発注方式
コストの透明性 高い 低い
建築工事の全体管理 お客様が行う 建築会社が行う
電気設備の施工 電気設備工事会社が行う 電気設備工事会社が行う
設備への満足度 高い 普通


一般社団法人 日本電設工業協会 [ URL / MAIL ]
〒107-8381 東京都港区元赤坂 1-7-8 (東京電業会館) TEL(03)5413-2161(代表) FAX(03)5413-2166